細胞を老化させない方法

年齢に負けない身体を作るアンチエイジング、いつまでも若々しい健康体であるために、運動したり食事に気を付けたりしている人は多いでしょう。そもそも私たちの体が老化するのは活性酸素が原因と言われています。私たち人間の体は60兆個もの細胞から成り立っており、その細胞1つ1つが活性酸素によって酸化することが原因というのです。細胞にはそれを包むような膜がありますが、その膜には多くの脂質が含まれています。その脂質と活性酸素が結びついて過酸化脂質となり、細胞レベルで機能低下してしまうのです。つまり本気でアンチエイジングしたいなら細胞レベルでの老化をストップさせる必要があるのです。
そのためにはまず活性酸素の過剰発生を防ぐ必要があります。活性酸素が発生する要因はいくつかありますが、注意したいのがストレスです。過剰なストレスがかかるとそれから体を守ろうと活性酸素が大量発生します。そうならないようにストレスはためこまずに適度に発散することです。
また、活性酸素を抑制するポリフェノールやカテキン、ビタミンCなどの抗酸化物質を積極的に摂るのもいいでしょう。普段の食事からがベストですが、どうしても不足するときはサプリメントなどの健康補助食品から摂取してもいいでしょう。

腸を整えてアンチエイジング

アンチエイジングとは抗加齢、抗老化の意味を持ち少しでも若返ったり老化を遅らせることを意味しています。老化が進むと美容面だけでなく健康面にも大きく影響が出てきてきてしまい、毎日元気に生活を送ることができなくなってしまいます。
アンチエイジング方法は様々ありますが、最近では腸内環境と整えることによってアンチエイジングできると注目されているのです。腸では体を守ってくれる免疫機能あるので腸が健康であれば免疫力がアップします。また腸内に老廃物をためないようにすることによって美肌を保つことにつながるのです。老廃物がたまった状態が続くとだんだん腐敗して毒素が出てきます。この毒素が腸から吸収されて血液に流れて肌荒れを起こしてしまうのです。
また腸が健康でしっかりと蠕動運動を行うことができると消化や吸収が正常に行われるので老廃物や脂肪をため込まなくなりダイエット効果が得られます。他にも血中コレステロールを低下させたり体臭や口臭予防にもつながるのです。そのため腸内環境を整えることはエイジングケアにもつながっていくのです。
腸内環境を整えるためには、ヨーグルトやキムチなどの乳酸菌や納豆やみそなどの発酵食品、野菜などに含まれる食物繊維を意識して食べること、そして運動です。